記事

Web広告運用で求められ始めた「アドフラウド対策」の効果とは?

Web広告の効果が薄れてきたら、アドフラウド(広告詐欺)を疑ってみてください。不正クリックを検知して除外するだけで広告効果が改善されるかもしれません。この記事では、Web広告運用で求められ始めた「アドフラウド対策」について分かりやすく解説します。

Web広告は効果測定が行えるため、運用改善すれば成果が得られます。近年は、Web広告配信の完全自動化が行えるようになったため、広告代理店を通さずに、社内運用ができるようになったため、Web広告は身近なものになってきています。

しかし、便利なWeb広告は詐欺の標的にされ始めているので注意しなければいけません。「不正クリックがされていないか?」「どこのページに広告が掲載されているのか?」を確認しなければいけません。このような広告品質を計測することを「アドベリフィケーション」と呼びます。

アドベリフィケーションには、広告費が無駄にならないように、不正クリックを検知して除外する、アドフラウド対策があります。実際に、どのような効果が見込めるのでしょうか?この記事では「アドフラウド」の基本について当社のアドフラウド対策成功事例を交えて解説します。
 

アドフラウド対策の成功事例

成功事例1.「ROAS」「CPA」「ROI」の改善効果

5,000万ダウンロードを突破したニュースアプリ「SmartNews」は、新規ユーザーの獲得を狙うために、Web広告を利用しています。新規ユーザーの獲得単価を測定して、広告運用の効率化を図っていました。

過去にCPI広告を行った際にインストールの50%以上がアドフラウドと疑われる事象が発生しました。CPI広告を行うにはアドフラウド対策は必須と考え、Spider AFを導入しました。検知した不正クリックを除外していくことで、新規ユーザーの獲得単価は低くなり、成果としてROAS160%となり、大幅な改善が実現しました。

【関連記事】リスクを最小限に抑えCPIメニューにチャレンジ!ROAS160%改善したアドフラウド対策とは?

 

成功事例2.アドフラウド対策によって構築できた守りの体制とROAS改善

TIREHOOD(タイヤフッド)の運営をおこなう株式会社BEAD。

 

代理店まかせの運営からインハウスを強化するにあたり、アドフラウド(広告詐欺)対策ツールを検討するようになりました。自身で広告運用をしている限り問題はなさそうに思えたものの、実際にSpider AFの無料トライアルで調べてみたところ、アドフラウドが発生していることを認識して驚きました。

積極的な広告・マーケティング展開を攻めと捉えるならば、アドフラウド対策は広告運用の守りです。より積極的に消費者の方に弊社の価値を届けるためには、この守りを固めることが重要です。弊社では守りの体制を固めるために、Spider AFを活用しています。

Spider AFの導入で、ROASも改善しました。CPAは、30%改善が見られています。これは広告代理店の利用からインハウスに切り替えたことも理由の1つですが、Spider AFによって無効な配信を止めたことも要因として捉えています。

【関連記事】アドフラウドを防止し、攻めのインハウスマーケティング体制を実現できた理由とは?

 

成功事例3.アドフラウド調査時間の短縮

成果報酬型の広告配信サービスを提供しているアイモバイルアフィリエイトは、アドフラウドの被害に遭っていることが判明して、新規案件の受注が難しくなってしまったのです。そのため、アドフラウド調査・対策を自社で行っていました。

アドフラウド調査には莫大な時間をかかっており、業務負荷が大きくなったため、アドフラウド対策のアウトソーシングを利用。
プロにアドフラウド調査・対策をお任せすることで、今まで発見できなかったアドフラウド(広告詐欺)が発見できるようになり、調査時間の短縮に成功しました。タイムリーな媒体のアドフラウド精査が行えるようになり、広告主から信頼を獲得しています。

【関連記事】[ SpiderAF導入事例 ] データの可視化により不正調査の時間が1/4へ! 株式会社アイモバイル


 

アドフラウド対策を依頼するメリット

アドフラウド対策は自社でも行えますが、専門知識が必要になります。また、Web広告の規模が大きくなると各工程が大変になっていくでしょう。そのため、アドフラウド対策を専門とするセキュリティ会社に相談をしてみてください。ここでは、アドフラウド対策を依頼するメリットについて解説します。
 

1.Web広告の効果改善ができる

Web広告運用で効果が見込めない場合は、不正クリックによって広告費が消費されている可能性があります。アドフラウド対策を行うことで、Web広告の効果が改善されるケースは多いです。そのため、Web広告で効果が得られずに悩んでいる方は、アドフラウド精査してみることをおすすめします。
 

2.最新の不正手口の対策が行える

アドフラウド(広告詐欺)の手口はさまざまです。大きく分類すると「ハッカー」「ボット」「感染した消費者の端末」から不正クリックはされます。手口は巧妙化してきており、毎年、トレンドは異なります。これらのトレンドを理解した上でアドフラウド対策を行わなければいけません。しかし、アドフラウド対策を専門とするセキュリティ会社に依頼をすれば、最新手口の対策まで行ってもらえます。
 

3.カウセリングが受けられる

アドフラウド対策を依頼できるセキュリティ会社は、アドフラウド対策だけではなく、カウセリングも行ってくれます。Web広告運用の現状、アドフラウド対策の効果など。そのため、Web広告効果を見直したい方におすすめです。

また、どのような手口で不正クリックされているかを教えてもらえるため、セキュリティ知識も身につきます。社内で運用しているWeb広告の健全化のために、専門業者に依頼することをおすすめします。
 

 

まとめ

従来はWeb広告の出稿をすれば、効果が得られるものでした。しかし、アドフラウド(広告詐欺)が増えてきており、不正クリックによる広告費の消費がされているのです。

アドフラウド対策をすれば、正規のユーザーからのアクセスが集まり、広告効果が改善されるかもしれません。また、社内情報を守るためのセキュリティ面からも、アドフラウドに関する知識を持っておきましょう。
 

▶︎▶︎ Spider AFをトライしてみませんか?Spider AFは企業の広告を守り、広告効果を最大化する為の最適なソリューションです。まずは無料トライアルをお試しください!◀︎◀︎

 

 

◆広告効果が出ないのはアドフラウド(広告詐欺)が原因かも

広告運用は様々な効果検証が必要となってきます。ただ、どんなに見直しを行っても効果が出ないことがあります。

もしかしたら、それはアドフラウド(広告詐欺)が原因かもしれません。

アドフラウドとは広告主から不正に広告費を搾取されており、その企業の広告費の流入先が実は反社会勢力に流れている可能性も。

実際にアドフラウドどのような手口かは以下の記事をご覧ください

【関連記事】ネット広告詐欺はどのような手口で行われる?アドフラウドの手法9つ

 

▶︎▶︎アドフラウド(広告詐欺・広告不正)って何?◀︎◀︎

そもそもアドフラウドって何?企業にとってどんな影響があるの?と疑問にお持ちですか?

そのような方に向けたウェビナーを開催しました。

サクッとアドフラウドについて知りたい方は以下オンラインコンテンツをご覧ください。

【推定年間被害額1000億円超え】 広告効果を劇的に悪化させるアドフラウドとは?

▶︎▶︎2021下半期年調査レポートを公開しました◀︎◀︎

Spider Labsの最新アドフラウド調査レポートを公開しました。

今回のSpider AFでの調査では2021年7月から12月までの半年間で解析したウェブ広告の6億9,600万クリックのうち、約4.4%にあたる3,062万クリックがアドフラウドであることが判明。これはおよそ15億3,120万円(1クリックあたり50円で計算)規模のアドフラウド被害があったと推測しております。

他にも新たに検出されたアドフラウド被害事例や、詳細数値が無料でご覧いただけます。

ぜひ以下リンクよりご覧ください。

>>ダウンロードはこちら<<