記事

アドフラウド対策ツールを利用する5つのメリット

近年のWeb広告運用は広告代理店を通さないインハウス運用(内製化)が活発になっています。インハウス化にあたり、注意したいのがアドフラウド(広告詐欺)です。

この記事は国内最大級のアドフラウド対策ツール「Spider AF」を提供する株式会社Spider Labsが執筆・監修しています。

 

アドフラウドには不正クリックやドメインスプーフィング(なりすまし)などさまざまな手法がありますが、これらを迅速に検知するためには「アドフラウド対策ツール(アドベリフィケーションツール)」の活用が必須です。今回はアドフラウド対策ツールの導入を検討している広告担当者に向けて、対策ツールを利用する5つのメリットを解説します。

 

アドフラウド対策ツールを利用する5つのメリット

 

メリット1 最大20% Google広告のROI改善が期待できる

アドフラウド対策ツールを導入する最大のメリットは、不正な広告費を削減できる点です。

Spider Labsの調査によると、広告出稿のほぼ100%がなんらかのアドフラウド被害にあっていることがわかっています。

 

広告配信全体の5%がアドフラウドであった場合を例に考えてみましょう。

 

<広告費が月100万円の場合>

  • 広告費100万円 × アドフラウド5% =  毎月5万円
  • 毎月5万円の被害額 × 12ヶ月(年間) =  60万円

 

<広告費が月500万円の場合>

  • 広告費500万円 × アドフラウド5% =  毎月25万円
  • 毎月25万円の被害額 × 12ヶ月(年間) =  300万円

 

このような無駄なコストが定期的に発生することになります。

Spider AFのようなアドフラウド対策ツールを導入することでROI改善が期待できるでしょう。

 

またアドフラウドの手口は

  • ブラウザの自動操作
  • 同一ユーザーによる大量クリック
  • ドメインのなりすまし

などさまざまであり、毎年トレンドも変わります。

アドフラウド対策ツールを利用することで、こうした最新の不正手口にも対応可能です。

アドフラウドの手口についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【関連記事】ネット広告詐欺はどのような手口で行われる?アドフラウドの手法9つ

 

 

メリット2 ブランドセーフティ(ブランド毀損の防止)

ブランド毀損とは違法性のあるサイトや公序良俗に反するサイトへ自社広告が掲載されることで、ユーザーに対する自社のブランドイメージを低下させてしまうケースを指します。

Spider AFをはじめとするアドフラウド対策ツールには「不適切サイトへの配信ブロック」「指定キーワードが含まれるコンテンツへの配信ブロック」などの機能が備わっています。これらを活用することでブランド毀損のリスクを最小限に抑えられるでしょう。

ブランド毀損に関する詳細はこちらの記事をご覧ください。

【関連記事】ブランディング基礎|ブランドセーフティのポイント3選【事例あり】

 

 

メリット3 広告運用そのものの透明性を確保できる

広告を出稿する企業にとって「広告運用そのものの透明性」を確保することは非常に重要です。具体的には「配信コスト」「クリック率やコンバージョン率」「アドフラウド率」などの数値について担当者が把握していなければ、透明性の高い広告運用ができているとは言えません。

広告担当者は他部署や社外に対してこれらの数値を説明できるように努め、広告運用がブラックボックス化しないよう注意しましょう。

 

メリット4 Web広告の効果を改善できる

Web広告運用で思ったような効果が出ていない場合は、アドフラウドを疑ってみてください。不正クリックなどによって広告費が消費されている可能性があります。

実際にアドフラウドを検知し、除外するだけで広告効果が改善された自社事例がございます。

【関連記事】CPC高騰でお悩みのマーケター必見!月260万円広告費を削減し、広告改善を実現した事例をご紹介

【関連記事】有効なリードCPAが15%改善 ポーターズ「無効なリードを95%減らせました」

【関連記事】アドフラウドを防止し、攻めのインハウスマーケティング体制を実現できた理由とは?

 

このような効果はアドフラウド対策ツールを使うことで、自社では検出が困難な巧妙化された不正クリック・不正コンバージョンを早期に検知可能です。

Web広告で効果が得られずに悩んでいる方は、一度アドフラウドを精査してみることをおすすめします。

Spider AF|無料トライアルはこちらからお申し込みが可能です。アドフラウドの被害額だけを算出したい!という場合でもお気軽にご利用ください。

 

 

メリット5 専門的なサポートが受けられる

アドフラウド対策ツールを提供する企業の多くは、ツールの提供だけでなくカウセリング対応も実施しています。

Web広告運用の現状や、どのようなアドフラウドに注意すべきかを教えてもらうことで、最新のセキュリティ知識を身につけられるでしょう。

Spider Labsにおいても優秀なカスタマーチームがあらゆる疑問にお答えします。

アドフラウド対策ツールを導入して終わりではなく、ツールの効果的な活用方法や、アドフラウド関連のトラブル対応などについてもしっかりサポートしています。

 

 

あらゆる企業が対策をはじめているアドフラウド

2021年4月、年々巧妙化し悪質になるアドフラウドに対策すべく、JICDAQが設立されました。JICDAQは、アドフラウドの除外やブランドセーフティの確保を目的としています。

JICDAQについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【関連記事】JICDAQとは?目的や設立背景を解説!ブランドセーフティ / アドフラウド除外

 

 

まとめ

ROI改善や広告運用の透明性は広告担当者にとって積年の課題でしょう。昨今のコロナウイルス蔓延がインハウスを活性化させたことで、広告担当者のやるべき業務は増え続ける一方。

業務効率改善のために、きちんと成果が見込めるツールを探している方は多いのではないでしょうか。同時にアドフラウド対策は、もはや企業のリスクマネジメントの常識となりつつあります。

特に広告運用に関連するツールはいくつもありますが、成果が見込めることはもちろん、シンプルで運用がしやすいこと。これは、ツール選定の大きな基準となるはずです。

 

その中でもSpider AFは直感的で美しいデザインのアドフラウド対策ツールです。

具体的にSpider AFの検知方法を解説した記事はこちらをご覧ください。

【関連記事】アドフラウド対策ツール「Spider AF」のアドフラウド検知方法を解説!

そして、Spider AFを導入し、対策を施した結果目に見える成果をだしている企業についてはこちらで詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

【関連記事】Web広告運用で求められ始めた「アドフラウド対策」の効果とは?

※上記記事は弊社ツール、Spider AFの導入事例から抜粋した記事となります。

 

最後に、Spider AF|無料トライアルはこちらからお申し込みが可能です。アドフラウドの被害額だけを算出したい!という場合でもお気軽にご利用ください。

https://jp.spideraf.com/request-demo

 

 

※ Spider Mediaに掲載されている見解、情報は、あくまでも執筆者のものです。Spider Labsはブログに含まれる情報の正確性について可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。Spider Mediaの目的は読者への有益な情報の提供であり、執筆者以外のいかなる存在を反映するものではありません。見解は変更や修正されることがあります。