記事

SSPとは?仕組みやメリットなどとともに解説

SSPはWEB広告ネット広告の収益最大化に役立つツールです。媒体側だけでなく広告主側にもメリットがあるツールです。、関連する用語である、DSPやアドネットワークとともに仕組みを理解しましょうするとよいでしょう。本記事では、SSPの意味と仕組み、より成果を出すための戦略などを解説しているので、参考にしてください。

SSPは、WEB広告ネット広告を掲載する媒体側にとっても、WEB広告ネット広告を配信したい広告主側にとってもメリットがあるツールです。ただ、SSPの意味や仕組みを十分に理解していない人も多いでしょう。また、SSPを使うのであれば、その効果を少しでも高めたいものです。SSPの効果を高める戦略を理解すれば、媒体側も広告主側もより収益を高められるでしょう。

本記事では、SSPの意味と仕組み、より成果を出すための戦略などを解説します。

 

 

SSPとは?関連する用語とともに解説

ここでは、SSPの意味を解説します。併せて、関連する用語として、DSPとアドネットワークの意味とSSPとの関係を解説します。

 

SSPの意味

SSP(Supply Side Platform )とは、媒体においてWEB広告ネット広告でのインプレッションが発生するごとに、DSP内から最も収益率が高いWEB広告ネット広告を自動で選択して配信してくれるツールのことです。後ほど詳しく解説しますが、SSPは広告収益を最大化したい媒体側にとっても、確実にターゲットに向けてWEB広告ネット広告を配信したい広告主側にとってもメリットがあります。ただ、媒体の種類によってはあまり効果を発揮しないことにも留意しなければなりません。そのため、今やアドテクノロジーに欠かせないツールの1つと言えるでしょう。

【関連記事】初心者でもわかるアドテクノロジー!仕組みや種類を一から解説!

 

 

DSPの意味とSSPとの関係とは

DSP(Demand Side Platform)とは、WEB広告ネット広告における以下の業務を一括管理してくれるサービスのことです。DSPを用いることで、広告主はターゲットや予算を設定してWEB広告ネット広告を入稿すれば、DSPが自動的に最適な配信先を選んで配信してくれます。

・広告在庫の買い付け

・広告配信

・掲載する媒体やオーディエンスのターゲティング

DSPとSSPは対の関係にあり、それぞれ以下の立場で役割を果たします。DSPとSSPを併用することで、WEB広告ネット広告配信とその収益化を最適化してくれるのです。

種類内容
DSPWEB広告ネット広告を発注する広告主側
SSPWEB広告ネット広告を受注する媒体側

【関連記事】DSPとは?仕組みや導入時のメリット・デメリットをまとめて解説!

 

アドネットワークの意味とSSPとの関係とは

アドネットワークとは、WebサイトやSNSなど複数の媒体を集めて、それらの媒体にまとめてWEB広告ネット広告を配信するネットワークのことです。WEB広告ネット広告を管理配信する手段としてSSPとアドネットワークを比較した表を、以下に示します。

 SSPアドネットワーク
課金形態表示課金クリック課金
単価高単価低単価
カバレッジ ※低い高い(ほぼ全ての広告枠を埋められる)
運用自動手動(配信媒体への単価調整を手動で行う必要がある)

※カバレッジ(網羅率、フィルレート)=(実際に返した広告数)(広告枠の全リクエスト数)

高単価で質の高いWEB広告ネット広告の配信を行いたい場合はSSPが向いており、媒体の広告枠を確実に埋めたい場合はアドネットワークが向いていると言えます。両方ともメリットデメリットがあるため、できれば両方試すとよいでしょう。

 

SSPがWEB広告ネット広告の配信を管理する仕組みとは?

ここでは、SSPがWEB広告ネット広告の配信を管理する仕組みを解説します。広告が配信される流れを、以下の表にまとめます。

 

  1. ユーザーが、WEB広告ネット広告枠がある媒体を閲覧する。
  2. 媒体からSSPに、ユーザー属性などの情報とWEB広告ネット広告のビッドリクエストを送る。
  3. SSPから各DSPに、ユーザー情報と配信する広告を決定する入札を行うよう、リクエストを送る。
  4. 各DSPからSSPに、入札結果が送られる。
  5. 入札結果の中から最高額を付けたDSPが、SSPが事前に設定しているフロアプライス(最低入札単価)を上回ったら、6に進む。
  6. SSPから媒体に、入札結果の中から最高額を付けたDSPの情報を送る。
  7. 媒体から6で選ばれたDSPに、WEB広告ネット広告配信のリクエストを送る。
  8. 6で選ばれたDSPから、媒体にWEB広告ネット広告が配信される。

 

以上、1〜8からの一連の流れを、RTB(RealTimeBidding)と呼びます。これら一連の流れは、我々が媒体を閲覧する裏側で0.1秒以内で行われています。SSPとDSPを用いたRTBにより、よりWEB広告ネット広告の売り上げを最大化したい広告主と、広告枠を高く買ってほしい媒体の利害を一致させるのです。

【関連記事】初心者でもわかるアドテクノロジー!仕組みや種類を一から解説!

 

 

SSPを導入するメリットとは?

ここでは、媒体がWEB広告ネット広告にSSPを導入するメリットを、媒体側と広告主側のそれぞれの視点で解説します。

 

媒体側

SSPを導入する媒体側のメリットは、WEB広告ネット広告収益の最大化とWEB広告ネット広告運用工数削減です。これは、入札結果の中から最高額を付けたDSPを、SSPが事前に設定しているフロアープライス(最低入札単価)を上回った場合に掲載してくれる上に、それに必要な作業を全て自動で行ってくれるからです。ただし、以下のとおりSSPの導入に向いている媒体と向いていない媒体があるので、注意しましょう。

 オーディエンス内容
向いている媒体

・ユニークユーザーが多い

・オーディエンスが多様

WEB広告ネット広告への入札が盛んに行われる可能性大
向いていない媒体同一(類似)オーディエンスが多い取引が少なくなり、コストに収益が見合わない恐れ

 

広告主

SSPは、広告主側にもメリットがあります。SSPはDSPに対して自動でユーザー情報とともにWEB広告ネット広告リクエストを出します。そのため、精度よくターゲットを設定してWEB広告ネット広告を出せる可能性が高まります。

 

SSPを導入する媒体側のメリットは、WEB広告ネット広告収益の最大化とWEB広告ネット広告運用工数削減です。これは、入札結果の中から最高額を付けたDSPを、SSPが事前に設定しているフロアープライス(最低入札単価)を上回った場合に掲載してくれる上に、それに必要な作業を全て自動で行ってくれるからです。ただし、以下のとおりSSPの導入に向いている媒体と向いていない媒体があるので、注意しましょう。

 

 

SSPでより成果を出す戦略とは?

ここでは、SSPでより成果を出す戦略を解説します。SSPは、WEB広告ネット広告のターゲットを適切に選定して最大の入札額で落札します。これにより、WEB広告ネット広告の収益最大化を実現します。ただ、以下の場合、SSPが必ずしもWEB広告ネット広告の収益最大化を実現してくれるとは限りません。

  • 媒体の広告枠に人気がない場合。DSPへの入札が少ないため入札額が上がらない。
  • WEB広告ネット広告の出稿金額を決定する際に、広告主の力が強い場合。媒体側でフロアプライスを設定しても、さほど効果がない。

しかし、いずれの場合でもSSPでより成果を出す戦略がありますので、以下の表にまとめます。

 

種類内容
広告枠に人気がない場合

・オープンオークションではなく、プライベートオークションを行う

・特定の広告主に絞ることで広告主も出稿しやすく、収益化しやすい

広告主の力が強い場合

・固定費でリアルタイム取引を行う

・広告費を確実に算出したい広告主を狙う

また、DSPの入札ロジックを分析し、少しでも高く広告枠を売れると思われるタイミングで、DSPに広告枠への入札リクエストを送ることも有効でしょう。

 

 

SSPの効果をより高める仕組みとは?

ここでは、SSPの効果をより高める仕組みとして、PMP配信とヘッダービッディングの2つを解説します。

 

PMP配信

PMP配信とは、媒体と広告主を限定した取引のことです。これにより、広告配信先を明確にできます。また、これからもその媒体に広告を配信したいと考える広告主にとってもメリットがあります。PMPには、広告枠の在庫数を確約して固定単価で配信を行うものもあれば、通常より高めのフロアプライスで優先的に入札を行うものもあります。

 

ヘッダービッディング

ヘッダービッディングとは、接続している全てのSSPで一斉にオークションを行うものです。これにより、広告主側は良質なリクエストを得る可能性が高まります。また、媒体側はより高い金額で広告枠を売れる可能性が高まります。その背景には、従来のウォーターフォール型の入札方法に存在していた問題点があります。

ウォーターフォール型の入札方法では、最初に1つのSSPにリクエストを送り、それで広告が配信されなければ次のSSPにリクエストを送ります。しかし、この方法では2番手以降のSSPの方が1番手のSSPより高単価で落札できた場合機会損失が発生します。ヘッダービッティングにより、その機会損失を防ぐのです。

 

まとめ

本記事では、SSPの意味と仕組み、より成果を出すための戦略などを解説しました。SSPは、WEB広告ネット広告の収益を最大化するために有効な手段の1つです。ただ、媒体によって最適なSSPサービスは異なります。また、媒体によってはSSPよりアドネットワークに注力した方がよい可能性もあります。自社の媒体によって最適な方法を選択しましょう。

なお、WEB広告ネット広告の効果を上げるためには、アドフラウド対策も必要です。自社でアドフラウド対策を行いたい場合は、アドフラウド対策ツールのSpider AFがおすすめです。少しでも興味のある人は、Spider AFの無料トライアルを試してください。

【関連記事】SSP事業者として在庫の質・透明性を保持し、エコシステムの健全化へ寄与

アドフラウド調査レポート 2021年下半期

ダウンロード

今すぐアドフラウド無料診断を受けましょう!

アドフラウドと戦うのではなく、私たちのツールを活用しキャンペーンの最適化により多くの時間を費やしましょう!

無料トライアル