記事

【Google広告】電話専用広告を最大限に活用するための3つのコツ

Web広告運用を検討する上で、Google広告は一番に運用候補として挙げられるのではないでしょうか。中でも電話専用広告は、Webから電話問い合わせの機会増加に貢献できる数少ない手法として、非常に重宝されています。今回は、そんな電話専用広告の運用をこれから始めたい人に向けて、最大限活用するためのコツを3つにまとめてご紹介します。

Googleの電話専用広告とは

Googleの電話専用広告とは、その名の通り電話問い合わせに特化した広告です。

通常のリスティング広告などは、広告から自社サイトに誘導したり、ECサイトに誘導したりといった遷移を促すことを目的としています。しかし電話専用広告は、電話をユーザーにかけてもらうことを念頭に置いた広告であるため、他のWeb広告施策とは一線を画す手法であると言えるでしょう。

 

電話専用広告の仕組み

電話専用広告の基本的な仕組みは、通常のリスティング広告とあまり変わりません。広告掲載枠をオークションで獲得し、予算に応じた掲載頻度とスペースで、ユーザーに対してアピールができます。

電話専用広告表事例

 

電話専用広告をユーザーがタップすると、ユーザーのデバイスから直接電話番号へ発信ができるよう案内が通知されます。そこから電話への問い合わせを行えるというシンプルな仕組みであるため、スピーディに電話問い合わせに繋げられるのが特徴です。

イメージとしては、電柱や駅の看板に掲載されている電話番号が書かれた広告が、Googleの検索ネットワークにも登場した感じに近いと言えるでしょう。

 

 

電話専用広告運用の効果

電話専用広告を掲載することで、広告主はリスティング広告では得られなかった効果を期待することができます。順に見ていきましょう。

 

1.電話問い合わせの機会を増やせる

まず、電話専用広告の導入によって、純粋に電話問い合わせの数は増加することになるでしょう。これまでインターネット経由で電話問い合わせを増やそうとすれば、まず自社のホームページに誘導したり、問い合わせ先が書かれたページまで案内したりする必要がありました。

一方で電話専用広告は、すでに電話することを前提とした検索ニーズを持っているユーザーに向けて、直接的に需要を満たせる情報を提供できます。例えばとある地域のみサービスを提供している企業で、電話での問い合わせをメインとしており、これからも電話での問い合わせを増やしたい場合はこれに当てはまります。

これまで問い合わせ数の増加が停滞していた場合、電話専用広告を活用することで、解消が期待できます。Webと電話の両立を実現したい方にとって、利用価値の高い広告です。

 

2.電話に特化した広告を掲載できる

2つ目は、その名の通り電話に特化した広告掲載となる点です。電話専用広告で掲載できるのは、電話番号とサービスの名前、そして簡単なテキストとURLというシンプルな情報です。

他の広告手法の場合、さまざまな情報を一度にユーザーへ発信するため、ユーザーに正しい情報を提供できない可能性があります。電話専用広告の場合、電話番号だけを端的に伝えることができるため、汎用性は他の広告手法に劣るものの、確実に伝えたい情報を発信できる利便性を備えています。

 

3.電話を必要とするサービスやユーザーと相性が良い

3つ目のメリットは、電話を必要とするサービスとの相性が良い点です。今やメールやチャットでの問い合わせが主流となりますが、まだまだ電話問い合わせも現役で活躍しています。

電話が活躍するのは、感覚的なコミュニケーションが必要であったり、緊急性の高いサービスを提供していたりする場合です。例えば、水道修理、鍵トラブル、害虫駆除などすぐに来て対応してほしい顧客ニーズに向けた広告運用としてベストなのが、電話専用広告です。

近年はGoogle検索を、タウンページ代わりに使用するケースも増えてきていますが、電話専用広告はそんなGoogleの「タウンページ化」を促進してくれるサービスと言えるでしょう。

特定の需要に対して強烈な訴求力を発揮するため、運用ニーズがある場合には積極的に採用したいところです。

 

ぜひ活用したい通話レポート機能について

電話専用広告には、通常の広告機能に加え、通話レポート機能と呼ばれるものも付与されています。これは、Googleの広告専用転送電話番号を使用し、電話番号表示オプションや、電話専用広告のパフォーマンス計測機能を利用できるようになるものです。

通話レポート機能をオンにすれば、通話の詳細を表示の上、コンバージョンとして記録することも可能となります。本格的な電話専用広告運用を進める場合には、積極的に活用しましょう。

設定方法に関しては、Google のヘルプサイトをご覧ください

【関連記事】通話レポート データを分析する(Google広告ヘルプに飛びます)

 

 

電話専用広告運用の注意点

電話専用広告は頼りになる手法ですが、運用の際には注意も必要です。

 

スマホ向けの広告運用に限定される

まず、電話専用広告が表示されるのは、電話の発信が可能なデバイスに限られます。つまり、基本的にはスマホ向けの広告であるということです。

電話広告が活躍するのは、感覚的かつシームレスに電話を発信できるという点にあります。ペルソナユーザーとしてPCからのアクセスを想定している場合、電話専用広告以外の手法が必要になってくるため、あらかじめ留意しておきましょう。

 

検索広告に限定される

電話専用広告が掲載されるのは、検索広告枠に限定されています。そのため、Youtubeのインフィード広告などとして差し込むことはできないので、検索ユーザー向けの運用を前提にしておきましょう。

 

検索上位掲載と費用対効果を注視する

電話専用広告だけでなく、リスティング広告全体にも当てはまることですが、緊急サービスの事業で広告出稿をする場合は特に「上位検索とクリック単価」を注視する必要があります。

この業界を利用するユーザーは「できるだけ早く解決したい」という心理が働いて検索するため、必然的に検索上位のサービスや商品が選ばれます。

そのため、いかにして企業は検索上位に上がるか考える必要があります。

しかし、競合他社も同様に上位表示を目指すので、自ずとクリック単価が高くなる業界とも言えます。

例えば「水道 トラブル」のようなワードでの上位検索をするにはクリック単価が¥1,000〜¥2,000と比較的単価が高くなります。

このようにこの業界では特にワンクリックを大切にする必要があります。

広告運用者はROASやクリック単価などの指標を意識しつつ、上位検索で企業名が残るような施策を行なっていきましょう

【関連記事】【リスティング広告編】CPC(クリック単価)高騰の原因と対処方法

【関連記事】Google広告クリック単価(CPC)を下げる6つの改善方法

【関連記事】広告効果を示す「ROAS」とは?具体例と改善方法をご紹介!

 

 

電話専用広告を最大限活用するための3つのコツ

電話専用広告を最大限活用する上で、Googleは以下の3つのポイントを重視するよう推奨しています。効果を最大化するべく、積極的に取り組みましょう。

参考:Google 運用ガイド: 電話問い合わせを促進する(Google広告ヘルプに飛びます)

 

電話問い合わせを促進するコンテンツを意識する

まずは、自社の強みをアピールできるコンテンツ作りを意識することです。電話専用広告では広告枠がさらに限定されているとはいえ、少ないメッセージで訴求力を高めることは可能です。

文字数制限いっぱいまで自社の強みを集約し、問い合わせへと誘導しましょう。

 

営業時間内の問い合わせを促進する

電話問い合わせの誘導においてポイントとなるのが、営業時間内の広告配信です。Web広告は24時間ユーザーに訴求できるのが強みですが、電話問い合わせは営業時間内しか引き受けることができないため、こちらの都合に合った広告スケジュールが求められます。

単に問い合わせが増えるだけで満足するのではなく、確実に対応ができる時間に集客できるよう、広告のタイミングを見極めましょう。

 

高いユーザビリティを提供できる運用体制を構築する

例え問い合わせの誘導に成功したとしても、ユーザーが期待していたような対応を提供できなければ、コンバージョンにつなげることはできません。例えば営業時間が限られていると、同じ時間に何本もの問い合わせが発生するため、ユーザーは想像以上に待たされてしまうこととなります。

このような余計な不満を解消する上で役立つのが、通話レポート機能です。ユーザーがよく電話をかけてくる時間帯や、通話時間などを把握しながら、スタッフのスケジュールに合わせて問い合わせを促せるようになります。

また、問い合わせユーザー向けにアンケートをお願いするなどして、サービス向上に向けた取り組みに努めることも大切です。問い合わせ対応の回数を重ね、改善を進めましょう。

 

 

まとめ

Googleが提供する電話専用広告は、緊急性の高いニーズを持ったユーザーや、複雑な疑問を抱えるユーザーにとって、有効な訴求力を発揮するサービスです。電話問い合わせを増やしたいと検討している方は積極的に活用をおすすめします。

また、電話専用広告をフル活用する上では、適切なスケジュール管理や、サービスの品質向上に向けた改善を繰り返すことも大切です。さらに電話専用広告の導入をきっかけに、コールセンター業務の見直し、広告運用者は広告費の見直しも進めていきましょう。

 

▶︎▶︎2021下半期年調査レポートを公開しました◀︎◀︎

Spider Labsの最新アドフラウド調査レポートを公開しました。

今回のSpider AFでの調査では2021年7月から12月までの半年間で解析したウェブ広告の6億9,600万クリックのうち、約4.4%にあたる3,062万クリックがアドフラウドであることが判明。これはおよそ15億3,120万円(1クリックあたり50円で計算)規模のアドフラウド被害があったと推測しております。

他にも新たに検出されたアドフラウド被害事例や、詳細数値が無料でご覧いただけます。

ぜひ以下リンクよりご覧ください。

>>ダウンロードはこちら<<

 

今すぐアドフラウド無料診断を受けましょう!

アドフラウドと戦うのではなく、私たちのツールを活用しキャンペーンの最適化により多くの時間を費やしましょう!

無料トライアル