記事

ポップアップツールとは?メリットとおすすめのポップアップツールなどを解説!

ポップアップツールでポップアップの効果を高めることで、CVRの向上が期待できます。しかし、ポップアップツールのメリットがよく分からない方も多いでしょう。 本記事では、ポップアップツールの意味やメリット・デメリットを解説しますので、参考にしてみてください。【PR】

ポップアップを用いることで、CVR向上など様々な効果が期待できます。また、ポップアップを出すことでCVRが2倍になった事例もあるようです。しかし、ポップアップツールのメリットがよく分からない方も多いでしょう。

本記事では、ポップアップツールの意味やメリット・デメリットなどを解説した上で、おすすめのポップアップツールも紹介します。

ポップアップツールとは?

ポップアップツールとは、Webサイトに流入したユーザー1人1人に対し、適切なタイミングでポップアップを表示してくれるツールのことです。会員情報や閲覧履歴などを元に、年齢や性別の情報やWebサイトの滞在時間などを分析した上でポップアップを表示してくれます。

ポップアップツールを使う目的3つ

ここでは、主にポップアップツールが使われる際の目的を3つ解説します。

1.成約の後押し

Webサイトに訪問したユーザーから成約を得るには、以下2つのポイントが重要です。

・ユーザーのニーズを的確に把握

・ユーザーのニーズに沿った情報をタイミングよく提供

ポップアップツールを用いることで、これらを満たしやすくなります。例えば、滞在時間やスクロール時間を分析して、購入意欲が高まっているユーザーを判定することが可能です。また、購入意欲が高いうちに、購入ボタンのポップアップを自由な場所に表示できます。そのため、購入意欲が高いユーザーの成約を後押しできるのです。

2.離脱防止

ポップアップは、ユーザーの離脱防止にも役立ちます。例えば、Webサイト内で説明しきれない情報を、ポップアップで補足説明する際に有効です。これにより、情報不足で離脱していたユーザーの離脱防止が期待できます。

また、操作がしにくいと感じて離脱するユーザーに対しても有効です。要所要所で操作方法や残りのプロセスを示すことで、ユーザーの離脱を防止できる可能性が高まります。

ポップアップツールでユーザーの行動を分析することで、離脱防止に必要なポップアップを適切なタイミングで表示してくれます。

3.LTVの向上

安定して利益を出し続けるには、LTVの向上も重要なポイントです。

例えば、ある商品を購入してくれたユーザーに対しては、過去同じ商品を購入したユーザーが同時に’購入した商品をポップアップで紹介することが考えられます。これにより、ついでに他の商品を購入することを促進して、決済1回当たりの購入額や数量を増加できるかもしれません。

また、常連のユーザーに対しては、ポップアップでよりきめ細やかな対応を行うことで、より強いファンになってもらうことが有効でしょう。例えば、ポップアップで会員特典を紹介できます。

※LTV(ライフタイムバリュー):ユーザーが取引開始してから終了するまでに、会社にどれだけ利益をもたらしてくれるか算出したもの。顧客生産価値ともいう。

ポップアップツールのメリット5つ

ここでは、ポップアップツールのメリットを5つ解説します。

①CVRのアップ

ポップアップツールを用いてポップアップを効果的に表示することで、CVRをアップさせることが期待できます。

ユーザーを目標行動に導くには、ユーザー行動を分析してユーザー1人1人に合わせて、適切なタイミングで必要な情報を示すことが大切です。ポップアップツールを用いることで、ユーザー行動を分析できます。また、ポップアップで必要な情報を示せるので、CVRのアップにつながるのです。

【関連記事】CVRとは?ネット広告において最重要指標について理解する(https://jp.spideraf.com/media/articles/understanding-cvr-an-important-metric-in-online-advertising

②離脱率が抑えられる

ユーザーが離脱する原因には、情報不足があります。しかし、Webサイトのスペースは限られているため、十分に情報を掲載できないこともあるでしょう。そこで、ポップアップツールを使って、情報不足を感じていると思われるユーザーにポップアップで情報提供します。すると、必要な情報を提供でき、離脱率を抑えられる可能性が高まります。

また、Webサイトの操作方法がわかりづらいことも、離脱率を高める要因になります。しかし、適切なタイミングで操作方法を示すポップアップを表示することで、離脱防止を図れるでしょう。これにもポップアップツールが役立ちます。

③データ分析がしやすくなる

ポップアップツールは、単純にポップアップを表示するだけのツールではありません。以下のとおり、様々なデータ分析を行ってくれます。

Webサイトスクロール率・滞在時間・クリックパターンなど
ユーザー年齢・性別・購入履歴など

また、データ分析結果を用いて、ポップアップを出すタイミングなどの効果検証や最適化も行ってくれます。これにより、ポップアップの効果を一層高めることが可能です。

④ユーザーによりアプローチを変えられる

ユーザー1人1人にとって、その時に必要な情報は大きく異なります。しかし、ユーザーにとって必要な情報を見誤ると、ポップアップの効果は限られたものになるでしょう。

ポップアップツールでデータ分析を行い、過去のユーザー行動と比較することで、そのユーザーにとって最適なアプローチを推測することができます。

⑤自社の広告素材を使える

ポップアップに用いる広告の内容には、自社の広告素材を使えます。これにより、自社サービスや商品の認知度向上が期待できるでしょう。そのため、ポップアップは他社との違いや自社の魅力をアピールすることにも使えます。

 

H2ポップアップツールのデメリット2つ

ここでは、ポップアップツールのデメリットを2つ解説します。

①費用がかかる

ポップアップツールの導入・運用には、費用がかかります。多くの場合、初期費用と月々の両方の費用が必要です。また、Webサイトや会社によって最適なポップアップの出し方が異なるため、最適な料金プランも異なります。そのため、ポップアップツールを導入する前には、ベンダーと相談して最適なプランを検討するとよいでしょう。

②ユーザーが離脱しやすくなる可能性がある

ポップアップは、ユーザーに必要な情報を適切なタイミングで提供するために有効な手段です。しかし、ポップアップを表示しすぎたり、機械的にポップアップを表示したりすると、かえってユーザーの印象を損ねて離脱しやすくなる可能性もあります。

そのため、ポップアップツール導入前には、実際の画面でポップアップがどう表示されるか確かめ、目的に沿って適切にポップアップを表示してくれるかチェックしましょう。

おすすめのポップアップ表示タイミング2つ

ここでは、おすすめのポップアップ表示タイミングを2つ解説します。

LP離脱時

LPでブラウザバック(戻る)ボタンをクリックされると、Webサイトからの離脱となります。その際には、オファー訴求やメルマガへの誘導など、離脱防止を狙ったポップアップを表示することで、離脱防止効果を発揮するでしょう。

一定時間経過時

一定時間、同じWebサイトに滞在しているユーザーは、そのWebサイトに興味を持っている可能性が高いと考えられます。そのため、CVR向上のために、ポップアップツールを用いてポップアップを表示させることが有効です。例えば、ポップアップで関連記事やキャンペーンを紹介することで、CVR向上が期待できます。

しかし、ポップアップを表示させる間隔が短いと逆効果になる恐れも。そのため、ポップアップツールを用いてユーザー行動を分析し、最適なタイミングを見極めると、よりポップアップの効果が高まります。

おすすめのポップアップツール

ここでは、おすすめのポップアップツールであるB-HACKを紹介します。

B-HACKは、株式会社クライドが提供するBtoB向けポップアップツールです。BtoBならではの訴求ポイントを熟知しており、CVRやLTVの向上に貢献。CVRを約30%増加させた実績もあります。

また、緻密なユーザー分析と独自のロジックにより、ポップアップを最適化。シナリオ設定の提案やレポート作成など、ポップアップの効果を分析して高めるサポート体制も整っています。さらに、シンプルな管理画面で操作できる上に、最短5分で導入可能。日々忙しい業務の間でも、素早く導入できます。

料金は月3万円からです。また、資料請求や無料Webサイト診断もあります。

引用:B-HACK CRO(https://b-hack.jp/lp/cro/

ポップアップツールで結果を出せるWebサイトに!

本記事では、ポップアップツールの意味やメリット・デメリットなどを解説した上で、おすすめのポップアップツールも紹介しました。

ポップアップツールを用いることで、ユーザー行動などを分析し、ポップアップの効果をより高めることが可能です。しかし、ユーザーの行動やニーズを分析できないと、ポップアップは逆効果になることもあるので注意しましょう。

そのため、導入目的などを考慮し、最適なポップアップツールを選ぶことが大切です。まずは、本記事でおすすめしたツールから検討を始めてみましょう。

今すぐアドフラウド無料診断を受けましょう!

アドフラウドと戦うのではなく、私たちのツールを活用しキャンペーンの最適化により多くの時間を費やしましょう!

無料トライアル