記事

リスティング広告を自分で始める方法|初心者向けに画像付きで完全解説

リスティング広告を自分で始める方法をご存知でしょうか?広告の知識がなくても正しい手順を踏むことで出稿は可能です。本記事では初めてリスティング広告に取り組む方へ向けて、自分で出稿する方法を画像付きで解説しています。リスティング広告初心者だけでなく、費用対効果の高い広告運用を検討している方も必見です。

限られた予算で最大限の効果を狙えるリスティング広告。気軽に始められる広告としても定評があり、多くの個人事業主や企業が利用しています。しかし、どこから手をつければ良いのか分かりにくいかもしれません。

そこで、今回はリスティング広告の始め方について、アカウント取得方法から詳しく解説します。リスティング広告で成果を上げたい方はぜひ最後まで確認してください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際に、ユーザーが検索した検索語句(キーワード)に連動して表示される広告です。

検索連動型広告や検索広告、Pay Per Click(PPC)広告とも呼ばれ、表示された広告をクリックするごとに費用が発生します。

悩みの解決方法を検索しているユーザーに向けて、関連商品をアピールできるため、費用対効果の高い広告手法です。

リスティング広告は下の画像のように、WebサイトのURL直前に「広告」と表示され、オーガニック検索の記事と判別しやすいようになっています。

画像引用:Google検索

検索連動型広告とディスプレイ広告の違い

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれています。ディスプレイ広告と混同されやすいですが、それぞれ広告の特性が異なるため、サービスや商品の種類や目的などによって使い分けましょう。

検索連動型広告(リスティング広告)とディスプレイ広告の比較

 検索連動型広告ディスプレイ広告
広告タイプ検索連動型コンテンツ連動型
掲載場所検索結果画面サイトやアプリ内に表示
広告(表示)形式テキスト

テキスト

テキスト+画像

画像・動画

費用(課金方式)

クリック方式

インプレッション方式

クリック方式

インプレッション方式

コンバージョン方式

ターゲティング設定

キーワード

ユーザー情報など

ユーザー情報

興味・関心

リターゲティングなど

メリット

・目的が明確な顕在層にアプローチできる

・クリック率、コンバージョン率が高い

・成果要因を把握しやすい

・商品やサービスを知らない潜在層にアプローチできる

・視覚でアピールできるため情報が伝わりやすい

・リターゲティングが可能

デメリット

・潜在層にアプローチできない

・画像や動画は使用できないため情報が伝わにくい

・コンバージョン率が低い

・成果要因を把握しにくい

検索連動型広告の主な特徴

検索連動型広告は、先程の画像のように検索した画面へ表示されます。

オーガニック検索の記事を挟むように、上部エリアと下部エリアに表示されるのが特徴です。上部エリアに表示されるとユーザーの目を引きやすくなり、クリック数が下部エリアに比べ増加します。

ディスプレイ広告の主な特徴

ディスプレイ広告は、アクセスしたサイトの内部に画像で表示される広告です。

画面上部や右上、文章の間などに表示され、検索した関連の商品画像が表示されるため、ユーザーへ視覚的にアピールできます。

画像引用:価格.com

画像引用:Yahoo! JAPAN

 

リスティング広告運用のメリットとデメリット

メリットの多いリスティング広告にも、デメリットは存在します。どちらも把握した上で、運用することが大切です。

メリット

リスティング広告のメリットを解説します。

  • 初心者でも少額から始められる
  • 一定のユーザーへ確実にアピールできる
  • 即効性が高い

リスティング広告を出すために必要なアカウントは簡単に発行できます。しかも月1,000円程度から始められるため、初心者でもリスクを抑えて出稿することが可能です。

また、オーガニック検索と違い必ず検索結果に表示されるため、ある程度の即効性が見込めます。

デメリット

デメリットはコスト関連です。少額で始められるといっても、ある程度は費用がかかります。

広告のサービスや商品によっては、多額の広告費がかかることも。また、テストを繰り返しメンテナンスする必要があるため、人的コストの負担も大きいです。

リスティング広告を自分で行う方法|Google広告

Googleのリスティング広告を出稿する方法について解説します。Googleアカウントを取得していない場合は、事前に手続きを済ませましょう。

Google広告のアカウント作成

まずは、Google広告のアカウントを作成します。

Google広告に登録

「今すぐ開始」を選択します。

「新しいGOOGLE広告アカウント」を選択。他のアカウントで始めるには「GOOLEアカウントを切り替える」を選択します。

「エキスパートモードに切り替える」を選択します。

アカウント作成のみ行うため「キャンペーンなしでアカウントを作成」を選択します。

次に、ビジネス情報を入力します。下部の選択項目は「はい」にした方がGoogleから有益な情報が送られてくるためおすすめです。

以上でアカウント作成が完了しました。「アカウントを確認」を選択します。

キャンペーンの作成と設定

アカウント作成の次はキャンペーンを作成します。今回は細かい設定方法を省略し、初心者でもわかりやすいように解説。

「新しいキャンペーンを作成」を選択しましょう。上下のどちらでも同じページに移動します。

キャンペーンの目的

目的に応じて選択します。今回は「目標指定せずにキャンペーンを作成する」を選びました。

キャンペーンのタイプ

キャンペーンのタイプを決めます。リスティング広告の出稿は「検索」を選択します。

目的とする成果とキャンペーン名

「ウェブサイトへのアクセス」にチェックを入れます。

そうすると、WebサイトのURLを入力する項目が表示されるので、広告目的のURLとキャンペーン名を入力しましょう。

予算と入札単位

「1日の平均予算」を入力、「重視している要素」を選択し「上限クリック単価による入札の上限を設定」にチェックを入れます。

「上限CPCによる入札の上限」を入力するボックスが表示された後、金額を指定します。

キャンペーン設定

キャンペーン設定を行います。「検索ネットワーク」や「ディスプレイネットワーク」にチェックを入れると、Google以外のサイトにも広告が出ます。しかし、アドフラウド(広告詐欺)の懸念があるため、推奨できません。チェックボックスをどちらも外し、Googleの検索結果だけに出稿するのがおすすめです。

地域・言語設定

次に地域と言語を設定します。

まずは地域ですが、海外や日本全域、都道府県や都市名などから選択可能です。

広告を配信したくない地域は、除外設定にて登録すると広告配信の対象から除外されます。

そして、言語設定ですが、日本語以外の言語を希望する場合は、目的の言語を指定します。

キーワードと広告

「キーワード候補の取得」にランディングページなどのURLを入力。これまでの工程で入力している場合は自動で表示されます。URLが表示されていない場合は改めて入力しましょう。

そして、「キーワードを取得」を選択すると、キーワードの候補が表示されます。表示されたキーワードをそのまま使用しても差し支えはないものの、より成果を高めるためには、キーワード選定は別に行う方が良いでしょう。

また、無駄のない広告配信をするためには、マッチタイプの設定は必須です。

グーグル広告ヘルプ:キーワードのマッチタイプについて

ここから広告の作成作業に入ります。

  1. 「最終ページURL」
    目的のランディングページなどが表示されているか確認し、必要に応じて入力、修正します。
  2. 「表示URLのパス」
    表示される広告URLに任意で文字を付け加えることが可能です。商品やサービス、住所などを入れると対象ユーザーにアピールできます。



 

  1. 「広告見出し」
    広告の中でも一番大きく青色で表示されます。15個まで設定可能で、半角30文字(全角15文字)まで入力できます。表示される見出しは上の画像にあるように、最大3個です。
  1. 説明文
    見出しでは伝えきれないサービスや商品についての補足説明を入力します。文字数は最大半角90文字(全角45文字)です。



 

キャンペーンの確認

これまで入力した情報に誤りがないか確認し「キャンペーンを公開」を選択すると設定完了です。

カード情報を登録

管理ページに戻ると、支払い情報の登録を求められます。

カード情報など必要事項を記入し、規約の確認後に同意のチェックを入れ「送信」を選択すれば入金設定は完了です。

リスティング広告の費用

Googleリスティング広告は、ユーザーが広告をクリックするたびに費用が発生します。これをクリック単価広告と言います。

クリック単価はオークション制で決定されるため、競合が同じキーワードに対して入札を強化すると、クリック単価が高騰することがあります。

一般的にリスティング広告にかける費用は、月200万円〜ほどが多くなっています。そして、クリック単価の平均は50円から1,000円程度と、業界や広告の種類によって費用は様々です。

リスティング広告を自分でできない場合は代理店へ

自分(自社)でリスティング広告を出稿し、高い効果を得るにはある程度の知識と経験が必要になってきます。

そのため、大きな予算をかけて本格的に広告を運用する場合は、代理店への外注も選択肢に入れましょう。

代理店にかかる費用は広告費の20%前後が相場ですので、自社の人件費よりコストが下がるケースも多いです。

また、広告運用を広告のプロに依頼することで、すぐに結果が出しやすくなり、広告運用業務について全般的にサポート業務を任せられるメリットが享受できます。

予算や人材、運用に費やす期間などを考慮して自分(自社)で運用するのか、代理店へ外注するのかを検討しましょう。

リスティング広告は自分で運用すると知見を蓄積できる

リスティング広告の始め方は、想像していたより始めやすいと感じていただけたはずです。しかし、結果が重要なマーケティングにおいて、広告を出稿するだけでは意味がありません。

費用対効果の高い広告にするためには、キーワードやマッチタイプ、予算の設定が重要です。まずは、テストを兼ねて少額から始めることをおすすめします。

リスティング広告の導入を検討している個人事業主や企業は、本記事を参考に運用を行ってみましょう。

また、リスティング広告をやっていくとイタズラや競合による不正なクリックをされ、広告費を無駄に消化してしまうことが良くあります。

SpiderAFでは、不正クリックなどを検知し、返金依頼までをすることが可能です。また、無料で不正広告の被害に遭っていないかを診断することができます。

無料診断で調べる>>

今すぐアドフラウド無料診断を受けましょう!

アドフラウドと戦うのではなく、私たちのツールを活用しキャンペーンの最適化により多くの時間を費やしましょう!

無料トライアル