【海外事例】北米でアドフラウドに立ち向かうマーケティング企業の戦略とは

【海外事例】北米でアドフラウドに立ち向かうマーケティング企業の戦略とは
目的
課題
効果

MJB Marketingはアメリカを拠点とするマーケティング企業で、特に医療、法律、旅行の分野でリード獲得を得意とし、多くのクライアントを抱えています。
これらの分野では競争が激しく、日々アドフラウドなどの不正に悩まされていました。獲得したリードが不正ではないことを確認するには、信頼できるツールが不可欠です。
Spider AFを活用しているMJB MarketingのオーナーのMatthew氏にリード獲得におけるマーケティング戦略をお聞きしました。

Spider AFによる広告パフォーマンスの改善

MJB Marketingはリード獲得キャンペーンにおける不正検出とブロックを支援するために最近Spider AFを導入しました。

Spider AFを使用することで、主要なKPIを改善することができ、その結果、アドフラウドが大幅に減少しました。具体的な数字は開示できないものの、偽装されたデバイスやその他の問題を排除することの重要性を強調し、リード獲得の分野で大規模な広告アカウントを運営するにはSpider AFの使用が重要であるとMatthew氏は言及しました。

パフォーマンス改善に加えて、MJB MarketingはSpider AFのサポートにも感銘を受けました。サポートが素晴らしく、特にSlackを介したコミュニケーションの容易さを高く評価しています。

アドフラウドの検出とブロックを検討している他の企業にSpider AFを勧めるかとの質問に対し、Matthew氏は「はい」と答えました。彼らは、Spider AFはリード獲得の分野で大規模な広告アカウントを運用している企業にとって必須であると信じており、このサービスが米国に拡大してもうまくいくと確信しています。

他のSpider AF顧客がプラットフォームを最大限に活用できるように、いくつかのフィードバックをいただきました。たとえば、ソース上でコンバージョンピクセルを実行する前に、Spider AF とフォーム上のフィルタリングを組み合わせて使用​​し、オフライン コンバージョンのみを使用することを推奨しています。また、Google/Facebook/広告プラットフォームのコンバージョンピクセルを不正なコンバージョンで発火しないようにすることで、誤った最適化が行われるのを防ぐことができます。

全体として、MJB MarketingはSpider AFによるパフォーマンス改善結果に満足しており、見込みリード獲得キャンペーンでアドフラウドを検出してブロックしたいと考えている企業にSpider AFを勧めていただけました。

良質なリードを獲得するための3つアプローチ

MJB MarketingのMatthew氏とSpider Labs CEOの大月

リード獲得の分野では、獲得されたリードが有効であることを確認するために、戦略を組み合わせてソフトウェアを利用​​することが不可欠です。不正は重大な課題であり、完全に排除することは不可能です。ただし、Spider AFのような信頼性の高いソフトウェアを3つのアプローチで使用することで、企業は不正なリードのかなりの部分を排除できます。

まず、ソフトウェアは不正行為を排除する上で重要な要素です。Spider AF のアドフラウド対策ツールを使用して正しいリードの獲得を目指します。

次に、ユーザーがリードフォームに記入する情報を入力する必要がある入力フィールドを使用します。これは、コールセンターによる不正なリードを排除するのに役立ちます。最後に、Matthew氏は、電子メールや電話番号、IP アドレス、スパム スコアなどの情報を照合して有効性を確認する電話認証の重要性を強調しました。

MJB Marketingは、3 つの側面からのアプローチを使用することで、不正なリードを排除することに成功しました。未だに不正なリードが発生することはありますが、以前の取り組みと比較すると大幅な改善しています。彼らは、Project Bars Number Verifier や Number of Verifier Family などのツールを使用して、不正なリードを特定します。これにより、本物のリードを特定し、クライアントが無効なリードに時間とリソースを浪費するのを防ぐことができます。

リード獲得における品質管理

彼らが直面するもう1つの課題は、Spider AFをパスするリードが高品質であることを確認し、高品質なリードのみをクライアントへ販売することです。彼らは、不正な電話番号を特定し、顧客情報が正確であることを確認するという課題に直面しています。

これに対抗するために、チームはいくつかの品質管理対策を実施しました。彼らは、Spider AFや外部APIなどのソフトウェアを組み合わせて使用​​し、悪質な電話番号を特定して排除します。外部APIはフィールド内の実際のデータを調べ、トラフィックをクリーンアップします。また、悪質な単語と名前のフィルターを使用して、本物の見込み客のみが通過するようにします。

さらに、チームは不正を排除するために難しい質問をします。たとえば、潜在的な購入者に、名前を入力するよう求めます。不正なユーザーがこの質問に答えようとして名前または電子メールを入力すると、テストに不合格になります。

チームが実施した品質管理対策により、高品質のリードのみがクライアントへ販売されることが保証されています。外部APIの使用によりクライアントへ渡される不正な電話番号の数が大幅に減少し、クライアントが正確なデータのみを確実に受け取れるようになりました。不適切な単語と名前のフィルターにより、リードの品質も向上しました。

さらに、難しい質問は不正を排除するのに役立ち、本物の見込み客だけを確実に引き渡すことができます。クライアントが彼らのリードを信頼するようになり、チームの評判が向上し、売上の増加と収益の増加につながりました。

アメリカ特有な訴訟リスクの回避

Matthew氏は、企業が訴訟専門家"Professional Plaintiffs"を回避できるよう支援する研究者チームを編成したデータ専門家です。
(Professional Plaintiffsとは消費者による私的訴訟の権利を悪用したアメリカ特有の訴訟ビジネスを行う原告)

彼は、州裁判所と連邦裁判所で中小企業に対して複数の訴訟を起こす原告を追跡し、特定することでクライアントを支援しています。

Matthew氏のチームは、州および連邦裁判所に提起されたすべての訴訟を毎日調査し、原告の電話番号、弁護士データ、その他の原告の情報を収集しています。彼らはこのデータベースを集約し、APIの呼び出しを行って原告の番号がその中にあるかどうかを確認できるようにするAPIを作成しました。その番号が見つかった場合、APIはその番号にフラグを立て、企業は潜在的な問題を回避するために適切な措置を講じることができます。

また、原告の電話番号、電子メール アドレス、さらにはバーナー電話を明らかにするディープウェブ検索など、さまざまなツールを使用して訴訟専門家を調査しています。また、事務所内の追加の弁護士やその連絡先情報など、弁護士の情報も調査します。

Matthew氏のサービスの最も重要な利点の 1 つは、彼のチームが情報を提供できる速度です。API は1日に100万件のSMSとデータベースのレコードを検索できるほど高速なので、クライアントは潜在的な問題をすぐに特定できます。

さらに、このAPIは電話番号がクリーンな番号または無効な番号に関連付けられているかどうか、携帯電話番号か固定電話番号であるかなど、キャリアデータをクライアントに返すことができます。APIは、その番号がコンプライアンスや訴訟の問題に関連しているかどうかもチェックできるため、クライアントはエージェントに通話が届く前に通話を切断できます。

Matthew氏のサービスは中小企業にとって非常に貴重である。なぜなら、訴訟専門家は費用のかかる法廷闘争をする余裕がないことを知っていて中小企業を標的にすることが多いからである。Matthew氏のチームは、包括的なデータベースとAPIを提供することで、クライアントが重大な問題になる前に潜在的な問題を特定し、時間、費用、頭痛の種を節約できるよう支援しています。

誤解を招く広告がアドフラウドに与える悪影響

疑いを持たないクライアントに効果のないソリューションを販売する詐欺会社の存在は、正規の企業の評判を傷つけるだけでなく、クライアントが業界全体を信頼することを困難にします。

もう 1 つの課題は、アドフラウドの検出と防止が難しいことです。アドフラウドを行うハッカーは高度な技術を使用して検出を回避し、システムの脆弱性を悪用し続けます。このため、企業が不正行為を特定して防止することが困難になります。

さらに、アドフラウドは広告費の無駄につながり、質の高いリードの安定した流れに依存している企業に問題を引き起こす可能性があります。このため、セールスセンターの離職率が高く、エージェントが与えられたリードの獲得に苦労している場合、人事上の問題が発生します。

リードジェネレーションに依存する企業に対するアドフラウドの影響も強調され、業界の誠実さを守るための効果的なアドフラウド防止策の必要性が生じています。

導入事例
\5分で完了!/
無料で診断をする