記事

リスティング広告の費用相場や費用対効果を高める方法を徹底解説!

リスティング広告の出稿を考えている方は、費用相場や費用対効果を高める方法が気になるかと思います。理解度を深めておくことで、より運用時のイメージをすることが可能です。本記事では費用相場や費用対効果を高める方法だけでなく、掲載ランクが決まる仕組みなども解説しています。

リスティング広告とは、Googleなどの検索結果の上部や下部に表示される広告のことです。ユーザーが検索したキーワードに合わせて表示されます。

運用する場合は、費用相場や費用対効果を高める方法まで把握しておくと、運用時の細かいイメージがしやすくなるでしょう。

この記事では、費用相場・費用対効果を高める方法・掲載ランクが決まる仕組み・広告ランクを上げる要素をまとめて解説します。

これから、リスティング広告を運用する企業や担当者の方にとって必見の内容です。

リスティング広告の料金体系とは

リスティング広告の料金体系は以下の2つで決まります。

  1. クリック課金方式
  2. 単価はオークション制

ここからは2つの考え方について、詳しく見ていきましょう。

1. クリック課金方式

リスティング広告の料金は、クリック課金方式で決まります。クリック課金とは、表示された広告をユーザーがクリックすることで、費用が発生する仕組みです。

リスティング広告では、最低出稿金額のようなものは存在しません。好きな予算で出稿することが可能なので、自社の予算に合わせた広告運用が実現しやすいのが特徴です。

2. 単価はオークション制で決まる

クリック単価は、入札価格と広告のクオリティがもとになって決まります。入札価格と広告の品質を見た上で、オークションが実施されて、掲載される広告が決まる仕組みです。

広告のクオリティが高ければ、入札価格が低い場合でもオークションで有利になる可能性があります。そのため、なるべく費用を抑えて出稿したい場合は、広告のクオリティを高める努力が大切です。

リスティング広告の費用・相場

リスティング広告を運用する際の費用相場としては、10〜30万円/月あたりに設定されることが多いです。

もちろん、大手企業の場合は予算が潤沢に用意されているケースが多いので、100万〜1,000万円単位で費用が発生することがあります。

業界・商品・サービスなどによっても出稿時の費用相場は異なってくるので、あくまで目安として捉えておきましょう。

リスティング広告の掲載ランクが決まる仕組み

リスティング広告では掲載順位を上げることが、効率的に集客をするために重要となります。

そこで次は掲載ランクと関連性が高い「広告ランク」について、詳しく解説を行います。

広告ランクによって決まる

出稿するリスティング広告の掲載順位を上げるには、広告ランクを高める必要があります。広告ランクとは、入札単価×品質スコアによって導き出されるランクのことです。

掲載順位を上げるために、入札単価を高く設定しても広告ランクが必ず上がる保証はありません。出稿する広告の質が低い限り、広告ランクは上がらない仕組みになっているので注意しましょう。

広告ランクを上げる要素3つ

広告ランクを上げるためには、以下の3つの要素を改善していきましょう。

  • 品質スコア
  • クリック単価
  • 広告表示オプション

  1. 品質スコア

広告ランクで最も重要な要素として挙げられるのが、品質スコア。品質スコアとは、広告の品質を評価しスコア化したものです。

  • 広告の推定クリック率
  • キーワードと広告文の関連性
  • キーワードとリンク先のランディングページとの関連性

これらの要素によってスコアが決まります。

広告自体のクオリティはもちろん、キーワード選定やキャッチコピーの作成にも注力して運用を行いましょう。

  2. クリック単価

広告ランクをアップさせたいのであれば、品質スコアだけではなくクリック単価も大切です。

クリック単価の相場はキーワードプランナーでも確認できるので、出稿するキーワードの単価は出稿する前に必ずチェックしましょう。

  3. 広告表示オプション

広告ランクをアップさせる場合、広告表示オプションも十分に設定しておく必要があります。

広告表示オプションとは、リスティング広告などで広告文の下に情報をプラスする機能です。広告文の下にテキスト・電話番号・アイコンを追加することで、ユーザーにとっての利便性がアップします。

品質スコアの向上に繋がりやすいので、広告ランクの対策を行う場合は広告表示オプションを必ず設定しておきましょう。

リスティング広告のメリット3選

リスティング広告のメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 顕在層へアプローチが可能
  2. 低予算から始められる
  3. 即効性がある

1. 顕在層へアプローチが可能

リスティング広告とは、ユーザーの検索キーワードと連動して表示される広告です。そのキーワードに対して興味があるユーザーにアプローチできるのが、最大のメリットと言えるでしょう。

例えば「サプリ おすすめ」というキーワードで検索しているユーザーがいるとします。そのユーザーには「おすすめのサプリがほしい」という欲求がある可能性が高いです。

このようにリスティング広告を出稿することでニーズが明確かつ、購買意欲が高いユーザーに対して効果的にアプローチできます。

2. 低予算から始められる

リスティング広告には、最低出稿金額が設けられていないので、自社の予算に合わせて出稿できます。

クリック課金という特性上、クリックされた分だけ費用が発生するため、コストを抑えて宣伝に繋げたい企業に向いています。

配信時間や配信地域の設定も可能なので、ターゲティングも細かく行えるのが強み。

届けたいユーザー層に絞って広告出稿できるため、コストパフォーマンスを重視したいのであればリスティング広告の出稿がおすすめです。

3. 即効性がある

リスティング広告は、出稿してすぐにGoogleの検索画面に掲載される傾向にあります。自然検索での上位表示を目指すSEOよりも即効性が高いので、短期間での成果が見込めます。

なるべく短期間で成果を獲得したいという企業には、リスティング広告が特におすすめです。

 

リスティング広告のデメリット3選

リスティング広告のデメリットとして、以下の3つがあります。

  1. 費用がかかる
  2. 運用の手間がある
  3. 専門知識が必要になる

1. 費用がかかる

当然ですが、リスティング広告を出稿することで費用が発生します。低予算で出稿できるとはいえ、クリック単価を下げ過ぎてしまうと、広告ランクが上がりません。

特にクリック単価が高いキーワードで出稿するのであれば、費用に見合った予算を用意する必要があります。

狙っているキーワードのクリック単価をあらかじめ調査した上で、慎重に検討しましょう。

2. 運用の手間がある

リスティング広告を運用し続ける場合、様々な手間が発生する点に注意しましょう。ランディングページの制作はもちろん、コピーライティングなども考える必要があります。

さらに、キーワードの需要や検索回数も日々変わっていくので、分析作業も必須です。

広告の表示回数・CTR・CVRなども常に分析して運用を改善していきましょう。

3. 専門知識が必要になる

広告のキーワード選定・分析・効果測定には専門知識が必須です。Google広告の操作はもちろん、アナリティクスの分析方法をしっかり理解しておく必要があります。

また、広告文のコピーライティングについても勉強することが大切です。

もし、自社内に専門知識を持っている方がいない場合は、広告運用を外注するのも1つの手段となります。

リスティング広告の予算の決め方

リスティング広告の予算を決める場合、目標から逆算して決めましょう。逆算して予算を決めると、広告出稿にどれくらいの予算をかければいいのかが分かりやすいです。

目標を算出する場合は、コンバージョン(CV)を獲得するのにかかった広告費用を示す「CPA」を使うと分かりやすいです。

CPAは以下の計算式で求められます。

  • 目標CPA=販売価格-原価-目標とする利益
  • (例)販売価格150,000円-原価70,000円-確保したい利益50,000円=目標CPA30,000円

目標CPAを算出した後は、獲得目標とするコンバージョン数をかけて広告予算を決めましょう。

  • 目標CPA30,000円 × コンバージョン数12件=360,000円

最初は目標CPAを算出して、そのあとに広告費用を決定しましょう。

リスティング広告の費用対効果を最大化する5つの方法

リスティング広告の費用対効果を最大化する際は、以下の5つの方法を意識しましょう。

  1. 広告ランクを上げる
  2. ターゲットを絞る
  3. LPの最適化
  4. 商品名・会社名のキーワードで出稿
  5. CVしないキーワードを除外

ここからはそれぞれのテクニックについて、詳しく解説します。

1. 広告ランクを上げる

先に話しました様に、リスティング広告の費用対効果を高めるためには、広告ランクを上げるのが一番です。広告ランクを上げることで、掲載順位が上がりさらに集客性が高まります。

広告ランクを高めるためには以下の施策に取り組みましょう。

  • 広告のクオリティを高める
  • 入札単価をアップする
  • 広告表示オプションを最適化する

どれか1つでは効果が出にくいので、全て取り組むのが大切です。

2. ターゲットを絞る

リスティング広告の費用対効果を高めたいのであれば、ターゲティングを十分に行いましょう。

ターゲティングが甘いと、自社のターゲットではないユーザー層に広告が届いてしまうので費用対効果が下がります。

ターゲットを絞る場合は、以下の項目を設定しましょう。

  • キーワード
  • 配信設定
  • ユーザー属性
  • オーディエンスカテゴリ

ユーザー属性だけではなく、キーワードや配信設定も細かく設定して広告配信を行いましょう。

3. LPの最適化

リスティング広告を配信するのであれば、専用のLPを作りましょう。通常のサイトは情報量が多く、ユーザーが求めている情報を与えられないため、リスティング広告での配信に向いていません。

LPであれば、商品やサービスの情報をユーザーに適切に伝えられるため、CVに繋がりやすくなります。

費用対効果を意識するのであれば、LP制作にも注力しましょう。

4. 商品名・会社名のキーワードで出稿

リスティング広告で費用対効果を高めるためには、商品名・会社名のキーワードで出稿することが大切です。

自社のリスティング広告で出稿しないと、他社に自社の商品名・会社名のキーワードを取られることがあります。

商品名・会社名のキーワードはコンバージョン率が高いので、他社に取られないようにしましょう。

5. CVしないキーワードを除外

CVしないキーワードは、必ず除外しましょう。成果の低いキーワードを除外することで、より成果の高いキーワードに費用を割けます。

また、一度出稿したキーワードでCPAが割に合わないものも除外対象です。成果が出ているキーワードに費用を割けるように改善を図りましょう。

まとめ

リスティング広告の料金体系は、オークション形式で決定します。

入札単価が低い場合でも、広告のクオリティが高ければ費用を抑えられる可能性があります。

他にも費用対効果を高めるためには、以下の対策を行うことが大切です。

  • 広告ランクを上げる
  • ターゲットを絞る
  • LPの最適化
  • 商品名・会社名のキーワードで出稿
  • CVしないキーワードを除外

定期的に分析を行い、常に成果を改善できるように運用を続けましょう。

しかし、リスティング広告の運用をしてもアドフラウド(不正広告)の被害を受け、広告費が余計にかかっている可能性があります。広告費を抑えるためにはまず、不正クリックなどの被害にあっていないか確認しましょう。

SpiderAFなら無料で不正広告被害の診断を行うことができます。

>>最短5分で無料診断を行う

◆Spider AF|【導入事例】多くの広告主様がご利用

広告運用者や広告主など幅広い事業者様にご利用いただいており、利用いただいている多くの事業者様からさまざまな成果のご報告をいただいております。

具体的には

・CPC高騰による月260万円の不正広告費の削減

【関連記事】CPC高騰でお悩みのマーケター必見!月260万円広告費を削減し、広告改善を実現した事例をご紹介

今すぐアドフラウド無料診断を受けましょう!

アドフラウドと戦うのではなく、私たちのツールを活用しキャンペーンの最適化により多くの時間を費やしましょう!

無料トライアル

最新ウェビナー